ゆずのライブ

ゆずのライブ

秋からゆずのライブツアーがスタートします。

そろそろチケットの予約が始まりつつある感じです。

ゆずを初めて見たのは、夏色をフジテレビで特集していた1998年夏です。

まだ学生だったので夏休みでした。

忘れもしないフジの境鶴丸アナが紹介していました。

新人でシングルがヒットしているとのことで、ゆずの夏色PVが流れていました。

私はCDを買わない学生だったので、テレビで流れるのを聴くくらいしかしてませんでしたが、けっこう好きな曲でした。

というか、流行ってました。

流行りの曲として聴いていた、という印象です。

それがどういうわけか、社会人になってからライブに行くようになったんでよね。

前から好きではありましたが、ライブに行くほど知らなかったのです。

それが、日産スタジアムライブをやった頃、2005年前後にファンクラブに入り、チケットをゲットしたのでした。

それから毎年ライブに行ってます。

比較的遅めにファンになりましたが、発売されている曲はほとんど網羅してます。

ゆずのライブの醍醐味といえば、やはり一緒に歌えることなので、曲を覚えるのは必須です。

最近は踊り中心になってる感はいなめませんが…。

私はいまの曲と同じくらい昔の曲が好きです。

歌詞も覚えてるというのもありますが、愛着があるんですね。

どの曲も好きですが、良いなと思うのは岩沢さんが作曲したものが多いです。

盛り上がるのはやはりベストアルバム発売後のライブです。

ファンにとっては嬉しい曲の目白押し!

ゆずのお二人は古い曲を演奏するのはどう思っているのでしょうか?

歌手としては新しい曲をやりたいというのはわかる気がします。

でも自分たちの曲を愛してるファンがいることはわかってるでしょうね。

そしてライブの醍醐味その2は、ゆずのお二人を盛り上げること!

二人の笑った顔が見れるだけで嬉しいのです。

岩沢ウォッチャーとしては、ライブ中に見せる表情や態度も見逃せません。

ライブではあまりしゃべらない岩沢さんですが、ジェスチャーや顔の表情が多彩で、いかにも何かを表現してるのに気付くとまた違った楽しみ方ができるのではないでしょうか。

ツウなところだと、岩沢さんの声の質はライブの日によって違います。

まさに生き物ですね。

声質の良い日に当たると最高です。

特に高音がわかりやすいです。

機会があったらぜひゆずウォッチをしてみてください。

童謡のCDを購入

少し前に子供のために童謡のCDを購入しました。

季節のイベントにちなんだ歌がたくさん入っており、

どれも幼い頃に聴いた曲ばかりで懐かしいです。

歌詞カードをよく読んでみると、今更ながらその内容の美しさに驚かされました。

綺麗な日本語に味わい深い内容、童謡って素晴らしいのですね。

早速子供に聞かせてみると、喜んでリズムに乗り始めました。

1曲毎にカラオケバージョンも入っていたので、これは歌って聞かせるということなのかと思い歌ってみてびっくり、

音程が高すぎるのです。

どの曲もほとんどが裏声になってしまいます。

このCDを作った人は一体何を考えてこの音程にしたのでしょうか。

わたしはたいていの歌謡曲は原曲キーで歌えますので、

特別声が低いというわけではありませんので、

きっとたいていの人が裏声になってしまうのだと思います。

CDのお姉さんの歌声を聞いていると、合唱団のような歌声。

そう言えば中学校のときに合唱曲として歌った歌も入っていますが、

このCDはそのときのソプラノ音程です。

久しく合唱団のような歌い方はしていないので、とてもじゃないですけど声が出ません。

それに練習して歌ったとしても、こんな歌い方をしていたら、まわりの人もびっくりですよね。

子供に歌って遊んであげているというよりも、お母さんの本気の合唱ですよ。

こんなかんじになってしまうのならば歌わない方がましだと思い、

歌はあらかじめ入っているお姉さんの声にまかせようと思いました。

が、しかし1曲流れる毎にカラオケバージョンがはさまれてしまうので、

さらさらと流して聞くことが出来ません。

子供が覚えれば自分で歌うのかもしれませんが、

今はまだこのカラオケバージョンが気になります。

パソコンに入れて、カラオケバージョンを削除し編集してCDを作ろうか、

子供が自分で歌いだすのを待とうか迷います。

どちらがいいのでしょうか?

ちなみに同じ会社の英語の童謡CDも購入したのですが、

こちらは普通に歌える音程で収録されました。

まぁ、英語の歌が歌えないのであまり意味がないのですけれどね。

せっかくなら日本語CDも歌いやすい音程が良かったなぁと思います。

さて、どうしたものか。。。